MENU

美容看護師を辞めた後の働き方5選

お悩みちゃん

美容看護師を辞めた後の働き方ってどんなのがあるのかなぁ

メイクちゃん

看護師免許があれば働き方は無限大ですよ

こんにちは。美容クリニックで働く看護師、メイクちゃんです。

美容看護師として働いてみたものの、「想像していたのと違う…」と感じている方もいるのではないでしょうか。
確かに、美容クリニックの仕事は病院とはかなり異なりますよね。

でも、美容看護師を辞めても、看護師としてのキャリアはこれで終わりではありません。
むしろ、新たな可能性に溢れているんです!

今回は、美容看護師を経験した方が、次にどんな働き方を選んでいるのか、7つの選択肢をご紹介します。

※選択肢を2つ追加しました

きっと、あなたの次のキャリアを考えるヒントになるはずですよ。

キャリアチェンジを考えている人必見

チェックポイント

美容看護師を辞めた後に後悔したくなければ、転職サイトには登録しておきましょう。

なぜなら、希望の職場に受かるためのコツや、一般公開してない優良求人の情報が知れるから。

おすすめの転職サイトは業界No.1の求人数を誇るナース人材バンク

看護師は転職サイトを使うかどうかで、転職成功率は大きく変わります。

私自身も転職サイトを使うことによって、自分の希望以上の条件で転職できました。

転職を検討している人は無料で利用できるので、うまく使って理想の転職を実現させてくださいね。

ナース人材バンク

ナース人材バンク

特徴
  • 20万件以上の圧倒的な求人数、会員限定のレア求人も多数!
  • キャリア設計からアドバイスまで、丁寧に対応!
  • 現場の看護師に取材しているので、職場のリアルが分かる!

ナース人材バンクは、業界No.1の求人数を誇る転職サイト。

業界最大手の転職サイトだけあって、病院の求人はもちろん、その他も魅力的な求人も多数そろえています。

転職活動においては求人数が命

求人数が多いと情報が集まりやすく、万が一落ちたとしても、条件に妥協することなく次の求人を探せますよ。

業界No.1の求人数

※簡単3分で無料登録

条件の良い求人や、有名で職場環境の良い病院の求人の場合は、募集と同時に応募が殺到します。

そうなると、病院側は書類選考や、面接の対応などで、大きな負担になってしまうんですよね。

このようなリスクを避けるために、求人をあえて非公開にし、転職サイトから条件に合う登録者のみに紹介するようにしているのが一般的。

つまり、ネットで検索して簡単に出てくる求人は、ブラック求人の可能性もあるわけです。

掘り出し物のホワイト求人を見つけるためにも、2~3サイト無料登録して、非公開求人を探すのがおすすめですよ。

メイクちゃん

条件の良い職場で働きたいなら登録必須だね

お悩みちゃん

でも転職するかどうかも迷っているし
転職サイトに登録するのは不安なんだけど。。。

転職サイトに登録したからといって必ず転職しないといけないわけではありませんので安心してください。

希望の求人がなければ辞退すればいいだけなのでリスクもゼロ

LINEだけの対応も可能だったり、それほど手間もかかりませんよ。

今の自分の待遇や年収が適性かどうかもわかるので、将来的に後悔したくなければ、未来のあなたのために少しだけ時間を使ってあげてくださいね。

メイクちゃん

登録はたった数分なのでサクッと済ませておきましょう

業界No.1の求人数

※簡単3分で無料登録

目次

美容看護師を辞めた後の働き方5選

総合病院や専門クリニックへ転職

医療現場で看護師としてのスキルを磨きたいなら、総合病院や専門クリニックがおすすめ。 美容看護の経験を活かしつつ、幅広い疾患への対応力を身につけることができます。

手術室や外来など、自分の興味のある分野で力を発揮してみるのも良いですね。

総合病院のメリット

総合病院は、さまざまな診療科が揃っているのが特徴。

内科や外科をはじめ、小児科、産婦人科、精神科など、多岐にわたる疾患を持つ患者さんと関わることができます。

美容看護とは違った視点で、患者さんの健康をトータルにサポートする経験が積めるでしょう。

急性期から慢性期まで、幅広いステージの看護を学べるのも魅力です。

また、大きな組織ならではの教育体制の充実も見逃せません。 プリセプター制度や各種研修など、自分のスキルアップを図る機会が豊富にあります。 キャリアアップを目指す方にもおすすめの環境と言えますね。

専門クリニックのメリット

一方、専門クリニックは特定の診療科に特化しているのが特徴。

例えば、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科など、専門性の高い医療を提供しています。

美容看護で培った知識を活かしつつ、さらに専門的なスキルを身につけることができるでしょう。

患者さんの悩みに寄り添い、QOLの向上を目指す。 そんな専門性の高い看護を実践できる場と言えます。

また、クリニックならではのアットホームな雰囲気も魅力。 スタッフ同士の距離が近く、コミュニケーションが取りやすいのが特徴です。

働きやすい環境で、ゆとりを持って看護に専念できるでしょう。

業界No.1の求人数

※簡単3分で無料登録

訪問看護や在宅医療の現場

患者さんの自宅を訪問し、寄り添いながらケアを行う訪問看護は、美容看護師の経験を活かせる場。 コミュニケーション力を発揮しつつ、患者さんの生活に密着したサポートができます。

在宅医療の現場では、チーム医療の一員として、多職種と連携する力も養えるでしょう。

訪問看護の魅力

訪問看護は、患者さんの生活の場に直接関わる看護。

病院とは違い、患者さんの日常生活に寄り添いながら、その人らしい暮らしを支えていきます。

美容看護で培ったコミュニケーション力は、訪問看護でも大いに活かせるはず。 患者さんやご家族との信頼関係を築き、心に寄り添う看護を実践できるでしょう。

また、医療依存度の高い患者さんのケアに携われるのも訪問看護の魅力。

たとえば、人工呼吸器を使用している方や、在宅での看取りを希望されている方など。

高度な医療ケアを必要とする患者さんを、住み慣れた自宅で支えていく。

そんな責任とやりがいを感じられる仕事ですね。

在宅医療の可能性

在宅医療は、医療ニーズの高い患者さんが自宅で療養生活を送るための医療サービス。 訪

問診療や往診、訪問看護、訪問リハビリなど、多職種によるチームアプローチが特徴です。

美容看護の現場とは違い、医師や他職種との密接な連携が求められます。

情報共有や意見交換を通して、患者さんにとって最善のケアを導き出していく。 そんな多職種協働の看護を学べる環境でもあります。

また、在宅医療の現場では、治療だけでなく予防的なアプローチも重要。 患者さんの健康状態を評価し、QOLの維持・向上を目指すのが看護師の役目です。

美容看護で培った観察力や、健康管理の知識が活かせる場面も多いはずですよ。

業界No.1の求人数

※簡単3分で無料登録

介護施設や高齢者施設

デイサービスや特別養護老人ホームなど、介護の現場で働くのも一つの選択肢。

美容看護で培った接遇スキルを活かし、利用者さんに寄り添う看護を提供できます。

ゆったりとした雰囲気の中で、利用者さんとの触れ合いを大切にしながら働けるのが魅力ですね。

介護施設で働くメリット

介護施設で働く大きなメリットは、ゆとりを持って看護に専念できること。

急性期病院のような目まぐるしい環境とは違い、利用者さんとじっくり向き合える時間があります。

美容看護で培ったコミュニケーション力を存分に発揮し、利用者さんの笑顔を引き出してあげられるでしょう。

その喜びが、看護師としてのやりがいにもつながるはず。

また、夜勤のシフトが少ないのも介護施設の魅力。 日勤メインの勤務体制なので、プライベートとの両立もしやすいですよ。

子育て中の看護師さんにもおすすめの環境と言えます。

さらに、介護施設では医療的ケアのニーズも高まっています。

介護施設で働くデメリット

一方で、介護施設で働くデメリットもあります。 まずは、医療行為が少ない分、看護師としてのスキルアップが難しいこと。

新しい知識や技術を学ぶ機会が少ないのは、キャリア形成の面では不安が残りますね。

また、介護施設では看護師の配置数が少ないのが一般的。

利用者さんの健康管理や医療的ケアを、一人で担当しなければならないケースも。 責任の重さを感じる場面があるかもしれません。

さらに、介護業務との線引きがあいまいな施設も少なくありません。 利用者さんの食事介助や排泄介助など、本来は介護スタッフの仕事のはず。 それらに看護師が時間を取られてしまうと、本来の看護業務に支障をきたすこともあるでしょう。

転職前に、看護師の役割や業務分担について、しっかりと確認しておくことが大切です。

介護施設への転職を考えるなら

介護施設への転職を具体的に検討する際は、自分に合った職場を見つけることが何より重要です。

そのためには、求人情報をしっかりとリサーチし、施設の特徴や方針を把握しておくことが欠かせません。

まずは、施設の規模や入所者の特性をチェック。 小規模な施設か、大規模な施設か。

認知症の方が多いのか、医療依存度の高い方が多いのか。 自分の経験やスキルが活かせそうな環境かどうか、見極めましょう。

また、看護師の配置人数や勤務体制も重要なポイント。

夜勤の有無や、オンコール対応の頻度など、自分のライフスタイルに合った働き方ができるか確認が必要です。

さらに、施設の理念や方針にも注目してみてください。 「利用者本位のケア」を大切にしているか。

「チームワークを重視する」姿勢があるか。 自分の看護観と合っているかどうか、見定めることが大切ですね。

業界No.1の求人数

※簡単3分で無料登録

保育園や学校で働く

子どもの健康管理を行う保育園や学校の看護師として、活躍することもできます。
美容看護で学んだ細やかな観察力を活かし、子どもたちの小さな変化にも気づける存在に。

子どもの成長を間近に見られるのは、この仕事ならではのやりがいですよね。

企業の健康管理室で働く

企業の健康管理室で働くのも、美容看護師にはおすすめ。
社員の健康チェックや生活指導など、予防医療の分野で力を発揮できます。

美容の知識を活かし、社員の健康美をサポートするような役割も期待できそうです。

美容関連の仕事に就く

美容看護の経験を活かし、美容部員やエステティシャンなど、美容業界の仕事に就くのも一案。
医療の知識を持つ強みを活かし、お客様に信頼されるアドバイスができるはずです。

自分の興味のある分野で、美容のプロとして活躍するのも素敵ですよね。

看護師の資格を活かした別の仕事へ

治験コーディネーターや医療機器の営業など、看護師の資格を活かせる仕事は他にもたくさん。
自分の強みを見つめ直し、新たな分野にチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

美容看護師としての経験が、新しいフィールドで必ず役立つはずですよ。

転職を失敗しないポイント

美容看護師から他の職場へ転職するなら、ぜひ転職サイトを活用してみてください。 看護師専門の転職サイトなら、豊富な求人情報と手厚いサポートで、あなたの転職活動を力強くバックアップしてくれるはずです。

まずは、大手の転職サイトに登録してみることをおすすめします。 大手サイトは、全国の幅広い求人情報を網羅しているので、総合病院や専門クリニック、訪問看護、介護施設など、自分の希望に合った職場が見つかりやすいんです。

転職サイトを活用して、理想の職場を見つける

また、経験豊富なキャリアアドバイザーによる手厚いサポート体制も魅力。 転職サイトに登録すれば、アドバイザーから求人情報の提供だけでなく、職務経歴書の添削や面接対策など、転職活動のあらゆる場面で専門家のアドバイスがもらえます。

転職のプロを味方につけることで、一人で悩むことなく、スムーズに転職活動を進められるでしょう。

さらに、転職サイトなら非公開求人にもアクセスできるのが大きな魅力。 一般には公開されていない求人情報も、転職サイトに登録することで探すことができます。

自分の希望に合った求人が見つからないと悩んでいる方も、転職サイトを活用すれば新たな可能性が広がるかもしれません。

キャリアアドバイザーに相談して、新たなキャリアの可能性を探る

転職サイトを活用する際は、まずキャリアアドバイザーに相談することが重要です。 「どのような求人があるのか」「自分のスキルや経験を活かせる職場はどこか」「これからのキャリアをどう描いていけばいいのか」など、率直に相談してみましょう。

キャリアアドバイザーは、看護師の転職支援に長けたプロフェッショナル。 あなたの経歴や希望をヒアリングした上で、最適な求人を提案してくれるだけでなく、キャリアの方向性についてもアドバイスしてくれるはずです。

「総合病院で急性期看護を学んでみてはどうか」 「専門クリニックで特定の分野のスキルを磨くのも良い」 「訪問看護なら、これまでのコミュニケーション力が活かせる」

など、あなたの可能性を広げるようなキャリアプランを一緒に考えてくれるでしょう。

転職サイトのキャリアアドバイザーを上手に活用して、自分では気づかなかった新たなキャリアの選択肢を見つけていきましょう。 美容看護の経験を糧に、看護師としてさらに飛躍できるはずです。

業界No.1の求人数

※簡単3分で無料登録

美容看護師を辞めた後も働き方はいくらでもある

美容看護師から他の職場へ転職するのは、不安も大きな決断かもしれません。

でも、転職サイトを上手に活用することで、その不安を解消し、新たなキャリアへ一歩踏み出す後押しになるはずです。

美容看護師を辞めた後も、看護師としてのキャリアの可能性は無限大です。

大切なのは、自分の「やりたいこと」「働きがいを感じられること」を見つめ直すこと。

あなたの看護師人生が、これからも輝かしいものでありますように。

次の働き方を選ぶとき、私もそっと応援しています。

業界No.1の求人数

※簡単3分で無料登録

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

社会人から看護学校で学び直し、准看護師から正看護師へ。
産婦人科クリニックや急性期病棟を経て、アートメイク看護師のスキルも習得。アートメイクの認知向上やアートメイク看護師について知ってもらうために本ブログを立ち上げました。

目次